【DTP】印刷データ作成のノウハウ

オーバープリントって? Illustoratorデータで確認すべき設定と仕様

  • LINEで送る

Illustratorで完璧に作ったデータなのに、仕上がったチラシをみたら「裏が透けて見える!おかしい!」と思った経験はございませんか?

今回はこのオーバープリントで確認すべき「属性」の設定について。
そしてプリントプリウスで採用されている「黒色オーバープリント」「白色オーバープリント」の設定についてご紹介いたします。

~オーバープリントの落とし穴? 設定と仕様をチェック!~

Illustratorでオーバープリントの使い方をマスターしましょう

1.オーバープリントって?

オーバープリントとは、名前の通り「他の版の上に被せて印刷するもの」になります。

※上のオブジェクトに無い色の版のみ反映されます。
 乗算とは結果が異なるので、ご注意ください!
オーバープリント設定は、属性タブからオブジェクトごとに設定できます。

Illustrator上の通常設定ではチェックが入っておりません。オーバープリントプレビューで、チェックが可能です。
ただし、印刷会社によって、オーバープリントは全て解除されたり、一部設定が異なる場合がございます。
ず印刷会社ごとの仕様をご確認ください。

2.「黒色オーバープリント」と「白色オーバープリント」

2018年11月現在、プリントプリウスでは
黒色CMY:0% K:100%)には強制的にオーバープリントをかける設定
白色(CMYK:0%)は強制的にオーバープリントを解除する設定
※その他の色は作成時の設定通り。
※画像にはオーバープリントは自動ではかかりません。かける必要がある場合は埋め込んだ上で手動でご設定ください。

となっております。
裏のものが見えてほしくない黒色、印刷しない予定の白色はご注意ください。

3.オーバープリントを使い分けて、仕上りを綺麗に!

1色づつ順番に印刷するオフセット印刷では、どうしても発生してしまう可能性のある「版ズレ」。

印刷機の進化で少なくなってきましたが、オーバープリントは、そんな版ズレによる仕上がりのズレを防止するための設定です。


オーバープリントを解除すると、裏のデータ(画像ではC版・Y版の文字がのる部分)を白抜きにしたような作りとなります。

そのため各色の版ズレが起きた際にブレのある仕上がりとなりますので、特にベタ塗面の少ない細い文字はK100%で作成する事をお勧めいたします。

データごとに使い分けて、素敵なデータをお作り下さい。

お困りごとはありませんか?

ご不明な点、ご質問がございましたら何なりとお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

〒601-8308 京都市南区吉祥院向田東町14  TEL:075-316-3388  FAX:075-316-3390 Copyright (C) 印刷通販の【プリントプリウス】. All Rights Reserved.